臨床は在宅にある!

在宅業務に携わる人

現在の仕事は?

神戸市から姫路市に亘って、担当している各施設の患者さんのために、処方薬の調剤だけでなく、薬のより良い管理方法や、患者さんの状態に適した処方設計などの薬学的アドバイスを、処方元の各医院や、各施設の看護師の方々などに行っています。このような薬剤師としての業務を行う一方で、ともに働くスタッフのシフトや業務の管理も任されてもらっています。

施設在宅は、時間管理が大変・・
でも『薬のことならこの人に任せておけば安心』と言われる嬉しさが!

担当している施設の数が多く、エリアが広いため、慣れるまではタイムマネジメントが大変でした。しかし、様々な方々から、『薬のことならこの人に任せておけば安心だ』とか、『薬のことなら医師の先生に聞くより早い』と言って頂けたことが、薬剤師として非常に嬉しかったです。

私は在宅業務に就く前は、一般的な外来業務も行っていました。どちらの業務であっても、面白く感じるかどうかは自分次第だと段々気が付いてきました。
処方せんに基づいて正しく調剤を行うことも大切なことですが、正直それだけだと面白くなかったです。
自分は薬剤師であって、常に自信と信念を持って、1人の患者さんと1枚の処方せんについて考え、医師に対して堂々と薬の提案をする。それができれば・・・それだけで仕事のやりがいが全然変わってくると思います。

今後の野望
『在宅チームに入れるのは凄いことだ』と思われるようなチームへ!

明確なビジョンがあるわけではないのですが、一歩先の目標として、患者さんの栄養状態に適した薬を提案できるようになっていきたいです。今後の在宅業務を発展させていく上で、この栄養という分野は避けて通れないと考えているので。
また、チームとしては、現在少数精鋭でやっているのですが、他の薬剤師やスタッフの方々から、『在宅チームに入るのは凄いことだ』と思われるようなチームにしていきたいですね!

在宅業務に携わる人たち